インサイドセールスとは

普通セールスと聞くと相手先の会社を一日に何社も回る人を思い浮かべますが、このような外勤型のセールスはフィールドセールスと呼ばれます。これに対してインサイドセールスとは相手先を訪問しない内勤型のセールスを指します。後者は電話やメール或いはDMなどのツールを使って、相手と対面することなしにコミュニケーションを図っていきますが、コロナ渦の状況下では外出自粛措置が政府指導のもとで行われ、他人との直接対面や三密を避けることが一般的となり、インサイドセールスが以前より注目されるようになりました。インサイドセールスの手法は、営業を行うのは不特定多数というのではなく、注文がとれそうな客に焦点をしぼって営業活動を行っていくので、ターゲットの選定が非常に重要になります。

客のターゲットを選定した後に営業リストを作成し、リストに載っている順に相手先へ電話アプローチする方法を用いています。インサイドセールスは少ない人数でも営業活動が可能であるため、社員が多くない中小企業でも十分に実践できます。またその営業記録も残るので、会社としても管理がしやすくなります。訪問営業のように接待費や出張費などがかからないので、コスト削減に繋がるなど数多くのメリットがあります。

コロナ渦以外の理由でインサイドセールスの需要が高まっているのは、少子高齢化により人材そのものが得にくくなっていたり、企業のグローバル化が進み国内だけでなく海外にも市場を拡大していかないと企業の生存に関わることも挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です