インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、営業支援活動のように捉えることができます。普通、セールスつまり営業担当と言えば顧客やその可能性のある潜在的顧客のもとに足繁く出かけていく、外勤、外回りがメインの仕事というイメージがあります。一方でインサイドセールスとは内勤の営業担当と考えても良いでしょう。内勤で何のセールスの仕事ができるのかと思われるかもしれませんが、外勤の営業担当者も、常に会社の外にいて仕事が回るわけではありません。

会社の中にいないとできない仕事も実際問題としては数多くあるのです。これはある程度やむを得ないことなのかもしれませんが、そのような仕事をもし多少なりとも減らずことができれば、より顧客に近いところで仕事ができることになります。つまり、インサイドセールスとは、外勤の営業担当者を支援し、会社の中で行わなければならないような仕事をサポートすることによって、彼らや彼女らができるだけ社外で活動しやすいような環境を整えることが仕事というわけです。例を挙げますと、見込み顧客のフォローがあったりします。

見込み顧客の中には、今すぐにでも先方に出向いてアプローチすべき人もいるかもしれませんが、それとは反対に、今はちょっと気になっているだけなので、継続的に新製品の情報をハガキや電話で知らせておくことで十分フォローになっている人もいるかもしれません。こんな人まで外勤者に担当させるのは時間の無駄であって、インサイドセールスが受け持つべきという考え方もあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です