インサイドセールスの適性を知ろう

オフィスにて、営業マンが円滑に効率良く商談できるようにサポートするのがインサイドセールスです。主に電話にて、需要のある相手を見つけてアプローチしていきます。過去イベントの参加名簿や問い合わせ客の履歴などから選定して、電話をかけます。また顧客に対して何か困っていることはないかなどアフターフォローをするのも、インサイドセールスの仕事です。

既に取引のある客との関係性を円滑に保つことで、さらにリピートしてもらうことがねらいです。そうしたインサイドセールスは、外で直接客に会って商談をする営業マンとはまた異なります。必要とされるスキルも違ってくるので、興味のある人は適性を知っておくと良いでしょう。インサイドセールスに必要な能力として、まず挙げられるのは会話のテンポを相手に合わせたり理論的に話したりするコミュニケーション力です。

対面ではなく電話で話すことになるので、柔らかい口調で的確に物事を伝えることができる人が向いています。また見込み顧客の育成に時間がかかることもあるので、諦めずにコツコツと継続する力も求められるでしょう。イライラしたときに電話の声に表れてしまわないように、自分の気持ちをコントロールできるかどうかも重要です。オフィス内での仕事になるので、アクティブな仕事がしたいならば通常の営業マンのほうが良いかもしれません。

丁寧かつ迅速に業務をこなしていける人が、インサイドセールスでは評価されそうです。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です