インサイドセールスの特徴について

相手先を訪問しない内勤型営業はインサイドセールスと呼ばれており、実際に訪問する外勤型営業はフィールドセールスと呼ばれます。疫病や災害などが原因で訪問営業を控える代わりにインターネット使って行う営業は、オンラインセールスと呼ばれています。オンラインセールスはインターネット上で行う営業活動全般を指すのに対して、インサイドセールスは案件の創出に関する営業活動を指すのが一般的です。以前はマーケティングや営業の担当者が見込み客の選定から電話・メールでのアプローチ、アポイントの獲得や訪問の他に受注やアフターフォローまで全てを行っていました。

そのようなやり方ではアプローチが可能な顧客の数に限りがあり、アポイント順に訪問するため成約の可能性が高い顧客に集中できません。従来の営業方法が抱える様々な課題を解決するため、インサイドセールスが考案されました。電話やメールの他にもSNSやウェブ会議システムなどを使い遠隔かつ非対面で顧客と交渉して営業を行います。マーケティングや営業の担当者が行っていた活動のうちどこまでをインサイドセールスにするかは、企業の裁量によります。

しかし訪問する必要がある営業活動以外は、全ての業務をインサイドセールスに置き換えて効率化を図ることが可能です。この新しい営業手法を採用すると、訪問時間が短縮されるのでアプローチ数の増加が期待できます。以前のマーケティングでは実現な困難だった双方向のコミュニケーションが可能で、カスタマー部門が察知不可能な事象に対しても能動的に対応できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です