インサイドセールスの特徴とメリット

インサイドセールスは、テレワーク等を使用した外出しない営業方法を意味します。営業といえば外回りが今までは一般的でしたが、インターネットを活用した打ち合わせ等で営業活動をする会社が増えているのが特徴です。インサイドセールスのメリットは、先方への移動時間がないのでその時間を他の業務に使える点になります。以前は帰社してから作成していた資料作りや社内でのミーティングがすぐに行えるのです。

社内にいるので、インターネット会議等で依頼された顧客への対応が早くできるのがインサイドセールスの魅力になります。インサイドセールスの手順は、決定権がある方へ手連絡をし電話やネットでの面談の約束をするのが大事です。意思決定者のアポイントがとれたら実際のサービスや商品の提案をします。商談が成立したが契約書を作成して連絡をします。

契約内容に質問等があれば面談をせずに済むようにビデオ通話やメールでやり取りをするのが基本の逃れです。インサイドセールスのメリットは、従来のフィールドセールスと異なりスタッフの人数が少ない会社でも可能です。この営業方法を活用すると、しばらく連絡をしていない顧客へ対応する時間が確保できます。仕事を効率化しできるだけ内勤で業務をする事で、スタッフの勤務を管理しやすくなるのです。

インターネットを活用し、出来るだけ面談をせずに顧客とコミュニケーションをとる方法を使用する事でばあいによりますが外注で足りないスタッフが確保できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です