就活の地域格差について

就活においては地域格差が明確に存在します。都心部の方が給与は高く、様々な仕事を選ぶことができます。また、色々な地域の人が一緒になって働いているので、自由で様々な考え方に慣用な企業が多くなります。地方での就活に行き詰まってしまったら、都心部へ出てから就活をすることも考えた方が良いです。

都心部には地方の何十倍もの求人があります。地方で数ヵ月に数社しか応募できなかったような人も上京したら、数日に数社の求人に応募できるようになったりします。ライバルも多いので、採用されやすいということではありませんが、少なくともチャンスはたくさんあり、妥協すれば素早く仕事に就くことも可能です。特に特殊な能力を持っていたり、優秀な人は上京した方が良いです。

数多くの求人の中からより良い求人を選べるようになるからです。ただし、能力などが低い人は採用されないことが続くこともあるので注意が必要です。しかし、このような人でも妥協すれば素早く決まるのが都心部です。地元の人の考え方が合わない人なども上京した方が良いです。

しかし、できれば大学選びの段階で上京した方が良いです。地方の大学は都心部の大学のような評価が得られにくく就活にも不利だからです。それに就活にかかる交通費や滞在費、移動時間も地方在住では相当な金額になってしまいます。就職を気にするなら、できれば都心の大学に通った方が良いです。

すでに地方の大学に入ってしまった場合は仕方がありませんが、まだなら大学の立地に拘った方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です