ビジネスのテレビ会議の効果

今ビジネスにおいてテレビ会議を導入する企業が増えています。それはメリットがあるということですが、会社は事業所がいくつか分かれていることもあります。それら事業所とも情報共有を行わなければなりません。電子メールという方法もありますが、これは一方的に情報を伝えることには向いています。

しかし会議で議論を行って情報共有を行うものはその結果だけでなく過程も重要になってくるのです。テレビ会議の場合は相手の表情を見ることができます。ビジネスにおいては表情からわかる心理というのもとても大切な要素なのです。離れた事業所でも、リアルタイムに会議や打ち合わせができるということでその場で情報共有をいつでもすぐに行うことができるのです。

また、結果的に人件費や交通費といった費用を削減することもできるのです。会議を行うような場合で事業所のメンバーを集めるとなると日時を調整し、移動手段を予約して、移動にかかる時間、移動にかかる費用が発生します。遠隔地や海外ともなればかなりの旅費がかかってしまうことにもなります。これら移動にかかる時間を省いて人件費を抑え、旅費にかかる費用を大幅に削減することが可能となるのです。

ビジネスにおいて日常的な打ち合わせだけでなく、緊急に会議を行う必要があることもよくあります。すぐに判断が必要、その情報を伝えるというような場合もテレビ会議であればすぐに招集することができ、リスクマネジメントにも効果が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です