テレビ会議を利用する際に用意したい機材

テレビ会議は参加する人数、場所で機材が変わってきますが、最低限注意したい機材がいくつかあります。1つ目はカメラです。システムによっては専用の送受信機にカメラが内蔵されているケースが多いですが、テレビ会議においては人物がわかればよいというレベルの解像度ではなく、しっかり写せるカメラを利用することをおすすめします。実際に写る画像は圧縮されるケースがほとんどですが、顔だけではなく、紙やパワーポイントなどの書類も映すことが多いので解像度はしっかりしたものを選びたいものです。

2つめはマイクです。テレビ会議においてマイクは最重要とも言える機材です。映像は最悪なくても会議は行えます。しかし、マイクの性能が悪いと聞き取れなかったり、聞き間違いを発生して会議がおかしくなるケースもあります。

マイクについては主に指向性の有無が問題となります。個人で使う場合には周辺の情報を拾わないタイプである指向性があるマイクがおすすめですが、複数人で行う場合にはよく拾うタイプがよいとされています。マイクを交換して使うケースもありますが、手間を考えると集合タイプがよいようです。3つ目は送受信機についてです。

パソコンにソフトウエアを入れて利用するタイプも多くなっています。パソコンを利用するタイプの利点はパワーポイントなどを写せることです。専用のカメラを用意して紙を映すケースが多いですが、パワポイントファイルそのままを写せると効率がよくなりますSFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です