テレビ会議が好まれる理由

テレビ会議システムは大手の会社が利用するものと考えられていますが、最近では中小企業での利用が盛んになってきています。テレビ会議は複数拠点での会議に利用されるのですが、拠点が少ない場合でも会議に個人で参加させる場合などで利用が進んでいるようです。テレビ会議といえば大げさな装置と大きなディスプレイが必要と考えられていますが、送受信機は小型軽量化されており、また、スピーカーやカメラを市販のUSBタイプを利用できる場合も増えており、利用するための装置の低価格化が進んでいます。場合によっては専用機ではなく、パソコンにソフトウエアを導入してUSBマイクとカメラで参加というケースも多いです。

テレビ会議が中小企業でも利用が進んでいる理由の一つは出張を減らせることです。もちろん、顔を合わせて会議することを重視する企業も多いですが、会議のための出張を減らす方法の会社が多いです。また、出張先で会議に参加できない場合にテレビ会議を利用するというケースも多いです。特にキーパーソンとなる社員や社長の場合は専用のパソコンを持たせるケースも増えています。

中小企業で採用が増えているのはこの他に利用するための機材、回線が安くなったということも上げられます。スマートフォンでの参加ができるほど手軽に利用できるタイプも多くあり、LTE回線の低価格化は利用する機会を増やしていると言われています。また、光回線が利用しやすいのも理由の一つと言われてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です