テレビ会議に必要なもの

テレビ会議は支店が多い会社には必須とも言える機能です。テレビ会議を行うにはさまざまな設備が必要になりますが、数年で一気に価格がさがり、また、高画質、高音質で会議が行えるようになっています。テレビ会議で必要なのはカメラと送受信機となります。テレビはHDMIが使えればどのような大きさでも対応できますし、スピーカーについてもテレビに付いているものを利用するケースも多いようです。

ただし、マイクについては専用品を利用することをおすすめします。別売りになっている場合は指向性の有無を会議の質に合わせて選ぶことが必要です。数人で行う場合には指向性が無いタイプも利用できますが、参加者の距離がある場合は指向性マイクを利用してマイクをやりとりするほうがよいケースも多いようです。また、集合マイクも開発が進んでおり、臨場感をだしつつ、雑音を抑えてくれるマイクも販売されています。

テレビやスピーカー、マイクは市販のものを利用するケースが多いですが、送受信機については専用機を利用する場合が多いです。一部パソコンで代用するケースもありますが、設定の簡単なこと、小型化されてきたこともあり、多くは専用機を利用するようです。テレビ会議は複数拠点で行われるケースが多いですが、各所の映像はセンター側で調整するケースと現場で調整するケースがあります。現場で行う場合には専用のリモコンが付属しているので簡単に調整できる装置がほとんどです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です