中小企業でも導入が進むテレビ会議システムの魅力

テレビ会議システムがあれば、大きな会議室を用意する必要がありません。中小企業であっても、大人数での会議を主催することができます。わざわざ人が一箇所に集まる必要がないですから、支社や取引先から動くことなく会議に参加可能です。交通にかかる時間も、費用もすべてカットすることができる点は魅力的でしょう。

空間的にも、時間的にも、経済的にもメリットが大きいので、各社積極的に導入へと動いています。テレビ会議システムは、映像と音声以外にもさまざまな情報をやりとりすることができます。会議には資料がつきものですが、その資料も相手側へと送ることができます。同一の資料を確認しながら会議が進めていけるので、もはや実際に会って話し合っているのとまったく変わりはありません。

テレビ会議だから話せないこともないのです。しかも、会議の様子はすべて録画することができます。通常の会議であれば、ビデオカメラで撮影でもしていない限りは、後から話し合いの内容を見返すことはできませんが、テレビ会議システムならデフォルトで録画機能がついているので、すべての言葉も人々の表情も記録しておけます。詳しく会議の内容を精査することができるため、反省してまた次に活かすこともできることでしょう。

無駄を極限まで省くことができるので、遠隔地と連携を取り合って進めていく仕事ではほとんど必須になります。個人レベルで使用ができる規模の小さなシステムもありますから、一度チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です