リモートワークも快適!クラウド型ビジネスフォン

リモートワークが当たり前になりつつある中で、当たり前と考えられていたシステムの課題が明らかになりました。多くの企業が導入しているビジネスフォンは、社内に主装置(PBX)や電話回線を張り巡らせることで社内の通話を内線化すると同時に、社外からの電話を直接担当者に着信させる保留転送などによりスムーズな業務を実現してくれます。しかしリモートワークが推奨されるようになるとスマホをビジネスフォンとして使えないため、在宅で仕事をしている社員との連絡が内線化できないといった問題が生じています。このような既存ビジネスフォンの課題に対して解決策となるのが、クラウド型です。

ネット上に構築したクラウドに主装置と電話回線を通して設定された電話番号を内線化したり、専用アプリを通じてスマホを内線電話として使えるため、多くの企業から注目を集めるようになりました。オフィスから離れたリモートワークで勤務に励む社員との連絡もスマホを通じて行えるため、意思疎通がスムーズであるほか、外部からの電話に対しても担当者へダイレクトに着信できる保留転送機能に加えて、同時に外部からの電話を複数のスマホや電話機で対応できるため、コールセンターのような業務にも活用されています。さらにクラウド型だからこそできることとして着信者のデータの表示、電話番号の共有、通話録音や分析などもできる他、アップデートを定期的に行うため保守点検いらずです。また主装置や電話回線の設置工事が必要ないため、導入コストを大幅に削減できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です