会社電話を見える化する!ビジネスフォン

リモートワークで困るのが、社員との連絡ではないでしょうか。社用スマホを利用している会社であっても在宅で勤務する社員とは外部への電話となるため、通話料が発生してしまうからです。1回あたりのコストは微々たるものですが、多くの社員がリモートワークをするようになると無視できない負担になります。そんな社用スマホをビジネスフォンにできるのが、クラウド型です。

クラウドに主装置(POX)や電話回線を設置するため、関連機器の購入や設置工事不要、計画回線数などにもよりますが最短で2日で導入できるというスムーズさが注目を集めています。社用スマホに専用アプリをインストールして電話番号とパスワードを入力するだけなので、社員の負担もかかりません。既存ビジネスフォンではオフィス限定になりますが、クラウド型ビジネスフォンは場所に縛られることなく、遠く離れた営業拠点やリモートワーク中の社員と簡単に連絡できるため、働き方改革やリモートワーク環境整備をスムーズにしてくれます。業者が行なっていた設定も社内で行えるようになりました。

例えば固定型電話SIPを利用する場合は、管理画面を見ながら設定可能、オフィス移転する際にもLANケーブルを付け替えるだけ、内線の着信グループ設定や発信番号の切り替えなどの管理も社内で行えるので業者いらずです。顧客からの着信と同時に関連データを自動表示するポップアップ機能や通話可能な人物を教えてくれるチャット機能など、既存ビジネスフォンにはない高度な機能と利便性をもつことからクラウド型を導入する企業が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です